冷えの問題

なぜ、女性に多いのか

冷え症は、冬だけでなく、1年中身体が冷える症状の事を言います。医学用語では、末端血管の血行障害と呼ばれます。つまり、血行が悪い為に身体が冷えてしまう病気です。特に、手や足は血液を運ぶ上で遠い場所に位置しますので、冷たくなりやすい箇所と言えます。 男女や年齢を問わず、冷え症は発症しますが、比較的女性に多いのが特徴です。それは、身体における筋肉の量が関係します。筋肉は人間の体温を作り出す重要な役割を担っています。その為、筋肉量が少ない女性は、熱を作り出す力が弱いのです。 また、女性ホルモンの一部である卵胞ホルモンが、熱を作りにくい性質であるのも原因の一つです。 いずれにしても、冷え症を改善するためには、適度な運動を行う事が重要です。多くの女性が冷え症に悩まされています。近年、ウォーキング等を行う女性が増加しているのは、冷え症が一つの要因と言えるでしょう。

冷え性改善のポイント

冷え症を改善するには、先程も挙げました運動を行う事が大切です。ちょっとした運動でも、筋肉量が増え、身体が温まりますので、血液の循環が良くなります。 また、食生活も冷え症を改善する上で重要になってきます。身体の芯から温まる料理を食べるようにしましょう。スープや味噌汁等が、それに挙げられると思います。更に、生姜等の身体が温かくなる具材を使用すると尚良しです。 次に、ストレスを溜めない事が大切です。ストレスは自律神経に悪影響を与える為、冷え症に繋がる恐れがあります。できるだけストレスを溜めないでいる事が、改善に繋がるのです。 そして、出来るだけ身体を冷やさないように、身体の中心であるお腹を温めるようにしましょう。 以上の事を実行すれば、冷え症は改善の方向に進むでしょう。