治療を続ける

過ごしやすい環境が用意されています。透析で送迎付きなのはこちらの医院なので、定期的に通うために相談しておこう。

腎臓の働きと人工透析

人は、食べ物から栄養分を吸収します。そして栄養分が吸収された後の食べ物は、老廃物として体外に排出されます。腎臓は、この老廃物を尿にする臓器です。したがって腎臓の機能が衰えれば、本来尿として排出されるはずの老廃物が、体内に存在したままになります。老廃物の中には、重金属などの毒性のある物質も含まれているので、それが体内に溜まり続けることによって、体は弱っていきます。 それを防止するためにおこなわれているのが、人工透析です。人工透析とは、腎臓の代わりに血液をろ過して、そこから老廃物を取り除いた上で、再び体内に戻すことです。これにより、体内に老廃物が蓄積されることが防がれます。 人工透析には血液透析と腹膜透析の2種類があり、どちらも腎臓の機能が著しく低下し、食事療法や薬物療法だけでは生命維持が困難になった場合におこなわれます。主に、循環器科や腎臓内科などで受けることができます。

血液透析と腹膜透析のそれぞれの需要

老廃物は食事をとることで日々体内に入っていくので、人工透析はこまめにおこなう必要があります。 血液透析の場合、1回の所要時間は4〜5時間で、これを週に3回ほどおこなうことが一般的です。したがって、それに合わせた生活習慣に変える必要があります。そのため血液透析は、比較的時間に融通をきかせることのできる人からの需要が高いと言えます。 一方腹膜透析の場合は、都合の良い時に自分自身で透析液を出し入れすることができます。最初に手術で透析液を出し入れする管を腹膜に入れておく必要がありますが、以後は都合に合わせて自在に人工透析ができますし、通院は月に1〜2回程度で済みます。そのため腹膜透析は、仕事や学業などで忙しい人から高い需要があります。

ピックアップ

腎臓の働き

体内の老廃物を尿に変える働きを持つ腎臓は、環境の変化によって働きが鈍くなってしまうこともあります。腎臓の働きが悪いと人工透析の治療を受けなければなりません。人工透析では腎臓に必要な血液を体内に送っていきます。そうすることで体内の循環を正常なものにしてくれます。

詳細を読む

アレルギー性のもの

アレルギー性鼻炎になるとくしゃみや鼻づまりなどの問題が起きてしまい、花粉の時期に症状が出る人や1年を通してずっと症状が出る人がいます。アレルゲンが原因となっているので、耳鼻咽喉科で検査をしてその人に合った治療薬を使用することで症状緩和ができます。

詳細を読む

ストレスを軽減

ストレスが貯まってしまうと自律神経失調症になる可能性が高くなります。この症状は精神科やクリニックで治療を受けることができます。慢性期的な自律神経失調症の場合は精神面だけではなく身体的にもトラブルが発生するので、早めに病院へ受診して改善する必要があります。

詳細を読む

鼻の問題

鼻の粘膜が炎症してしまうことで発生する鼻炎は花粉症の一つとしても挙げられています。症状が現れるだけではなく日常生活にも影響してしまいます。現在も患者が増え続ける鼻炎の問題ですが、これからももっと患者が増える傾向にあるとされています。

詳細を読む

冷えの問題

冷え性の問題は女性に多いとされており、その理由は男性よりも筋肉量が少ないからです。冷えを改善するためには運動を行なうことや普段から温かいものを摂取することで、体の芯から暖めることができます。またストレスを貯めないことも冷え性対策に繋がります。

詳細を読む